援デリ

 某アプリでアポしたのは、援デリでした。
あずきちゃんは、お嬢様が通う女子大の女子大生。
年齢19歳。
写メではサラサラの黒髪が良く似合う、清楚系の女の子でした。
清楚系に燃えない男なんて世の中にはいませんよね。
性欲をたぎらせていた自分は一気にハートに火がついてしまった次第です。
セックスは興味があるけれど、知らない人とパコるのは怖いなんてことで、保険のための2万円支払いなんて条件でした。
もち、別2出しても問題ないっていうくらい魅力的な女子大生でしたからね。
待ち合わせすることにしました。

 とある駅の繁華街が、アポ場所。
カフェでコーヒー飲んでたら、相手から連絡がやってきました。
あずきちゃんのいる場所まで、すっ飛んで行きました。
そこにいたのは、めちゃ金髪のギャル^^;。
顔を合わすなり「ミキです。お願いします」と、挨拶してきました。
おいおい、名前が違うじゃねえかよ(笑)。
この時点で、援デリ確定だななんて感じ。
さらに「ちょっと、友達に電話をかけるから待っててください」なんて、不自然極まりない行動に。
ガチな援デリだななんて思いながらも、見た目は決してブスという範囲ではなかったから、とりあえずホテルに行けば何とかなるかな?という気持ちでした。
援デリ業者

 ミキはゴムは絶対に着用してくれと言うこと。
ただし、キスは大丈夫なんて言ってくれるし、援デリでもこんな展開ありなのかな?って感じ。
また写メ撮影まで許可してくれたから、期待する気持ちを持ちながらホテルに入りました。

 正直に言います。
セックスは、とても楽しいものになりました。
援デリの中にも、こんな魅力たっぷりのセックスをしてくれる子がいるのかと、驚きを隠しきれませんでした。
メチャクチャなテクニックのフェラを披露してくれます。
体触れば、ハンパじゃない喘ぎ声を出してくれます。
援デリなんてやってるのに、オマンコは締りが良くて、肉ひだが吸い付いてきました。

 別れ際の会話が、これまた乙でしたね。
業者としてではなく、個人的に関係を持ってもいいなんて言ってくれるし。
支払い金額が、破格の6,000円。
あまりにも安い金額に、美味しい関係を続ける気持ちになってしまったのです。
こんな業者との出会いも、ネットの中にもあるものなんですね。
ツイ援
ホ別苺